Close

背中の愛撫は、腰に着目すると濡れやすくなる…!?

女性の背中を愛撫する時、立ったまま背後からすることで、女性を濡れにさせる効果があります。この時、腰の部分をじっくり攻めるのがコツです。

女性は、後ろから手をつかまれることで軽い拘束感を感じますが、かえってそれが興奮につながっていくのかもしれません。また、後ろからの愛撫は女性から見えないため、集中力と想像力を掻き立てます。

今回の手順は、男性の指でも口でも、どちらを使っても構いません。

背中に口を這わせる手順

ステップ1.女性の背後に立ち、女性の手を取ります。

指と指を引っかけるようにしてください。

ステップ2.そのまま、男性の口を女性の首の後ろに当ててください。

舌を当てるのではなく、口を尖らせるようにして当てます。

ステップ3.ゆっくりと背中に唇を這わせ、下に唇を降ろしていきます。

息を吹きかけたりしながら背骨に沿って唇を這わせます。
10秒ぐらいかけてゆっくりしゃがみながら腰のあたりまで降ろしていきましょう。

ステップ4.腰のあたりでゆっくりグルリと唇を回してください。

背骨とおしりの間に平べったい骨がありますのでそのあたりです。

この愛撫のポイント

背中から腰に近づく愛撫は、実は性器に近づくイメージがあるので女性が興奮しやすい愛撫です。この時、手を取っていますが、後ろからの愛撫と軽い拘束感は、ちょっと背徳的な感じで興奮度を高める作用もあります。

唇を這わせる速度をわざとゆっくりさせるのも演出になるかもしれません。
下半身に近づく度にゾクゾク感が高まっていき、女性を濡れやすくさせる愛撫といえます。

今回のまとめ

普段、背中を攻めることはなかなかないと思います。

軽くやることはあると思いますが、
・広すぎるし、どうやっていいかよくわからない
・やったところでそんなに感じなさそう

そう思ってしまうのではないでしょうか。

今回のテクニックは、
・後ろからやって集中させる
・腰を攻めることで女性器への愛撫を連想させる

というものでした。たまにはこんなプレイをやってみるのはいかがでしょうか。

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。