Close

背中を愛撫する時は指は離さない方が快感に没頭させやすい

女性の背中は、思ってるよりも敏感なため、有効な性感帯です。

ですが、、、
「広すぎるし、どこをどの程度愛撫すればいいかわからない…」
「『フェザータッチがいい』とか言うけど、『動かし方』とか『両手同時でやった方がいいのか』とかわからない…」

という声があるように、つい、身体の正面ばかり攻めてしまう傾向があると思います。

たしかにそうかもしれません。
やりやすい方を選んでしまいますよね。

背中の愛撫のやり方は無限にありますので、今日はその中から1つだけ簡単な方法をお話しさせていただきます。

指は1本だけ使います。
いつもやってることですよね。
肝心なのはここからです。

女性の背中から腰に指をスーッと這わせていったら、指を離さずに方向を変えていきます。

当たり前のように聞こえますが、けっこう背中の上から腰まで手を這わせたら、手を離してしまうことが多いのです。
もちろん、何往復か手でさすることはあります。

ですがここで重要なのは、『あくまでも指1本だけで背中をなぞり続けて愛撫すること』です。
そうすることで快感に没頭するようになっていきます。

なぜかというと、、、
いったん指を離してしまうと、その時に発生した快感の盛り上りがリセットされてしまうからです。

「必ずそうだ」というわけではありませんが、けっこう使える技ですから、手順で解説していきます。

指1本で女性の背中をタッチして快感に没頭させるテクニック

ステップ1.女性をうつ伏せにして、男性は女性の上にまたがります。

女性に体重をかけないようにしましょう。

ステップ2.右手の人差し指で背中の上から腰に向かって中心部分にツツーッと指を這わせます。

フェザータッチより少し強めのタッチでけっこうです。

ステップ3.腰まで来たら、指を離さないまま腰の横のところに移動します。

腰の辺りから指を這わせる速度は、極端にゆっくりにすると効果的です。

ステップ4.脇腹に沿ってゆっくりと指を上に向かって這わせていきます。

ここもゆっくりの速度で行ってください。

ステップ5.脇から背中に戻り、今度は螺旋の動きで背中の上の中心部分から腰まで下りていきます。

これで1セットです。

指を当てる強さは、フェザータッチより強めですが、通常のタッチよりは弱めくらいがちょうどいい力加減です。

腰の周辺は女性器が近いため、ゾクゾク感は高い傾向があります。
ゆっくり指を這わせることで、性感が高まっていきます。

脇腹を下から上に指を這わせるのも、性感を高めやすい愛撫方法です。

2セット目は、螺旋状ではなく回転の動きでもいいと思います。
3セット目以降は指を2本、4セット目以降は5本と、指の本数を増やしていっても構いません。

実は、背中への愛撫は、『目隠しプレイ』のようなものです。

男性の姿や、手の動きなどが見えないからです。

目隠しプレイでおっぱい周辺や女性器周辺を愛撫する時は、手を離す度に全然違う場所を触るなどして、『予測できない動き』で性感を高めることもできます。

それは、おっぱい周辺や女性器周辺は狭いエリアで、乳首やクリトリスなど目印になる強い性感帯があるからです。

だからこそ、手を離すことが効果的な愛撫になりますが、先ほどもお話ししたように、背中は広い場所です。
背中のエリアに指を這わせると、長い時間、そして長い距離を這わせることになります。

ですから、、、
指を付けたまま、離さない方が、女性は指の動きに意識を集中しやすくなるのです。

女性は指の動く方向をずっと追ってしまうわけです。

背中の愛撫方法は無限にあります。

いったん指を離すやり方が間違いではありませんし、指を付けたままのやり方がいつも正しいというわけでもありません。
その時の状況によって使い分けることが大事なのです。

今日お話しした方法が、このメルマガを読んだあなたの、『無限にあるテクニックの内の1つ』として活用していただけたら幸いです。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。