Close

脱・密着感(いつも以上の快感をGスポットで味わわせるピストン)

2016-04-02_007

あなたは挿入中に、
密着感を意識し過ぎていませんか?

もし、そうだとしたら
密着感以外の部分にも意識を
向けてみてはいかがでしょうか?

男性が密着感にフォーカスし過ぎて、
女性の快感刺激をおろそかにしてしまう
ケースもあるようです。

そのような場合には、
密着感を減らしてでも快感を優先した方が
有効な場合もあります。

そこで今回は、
いつも以上の快感をGスポットで味わわせる
ピストンテクニックを紹介します。

Gスポットをしっかり刺激するピストンテク

STEP1
女性に仰向けになってもらい、
正常位でペニスを挿入します。

2016-06-15_020_R

STEP2
あなたは上半身を垂直に起こして、
腰を前後させてピストンしてください。

2016-06-15_022_R

STEP3
女性の腰の下に枕かクッションを入れて
膣の位置を高くして、ピストンを再開します。

2016-06-15_023_R

※女性の腰を高くすることで、
膣が上を向きやすくなるため、
亀頭でGスポットを刺激しやすくなります。

STEP4
女性の太ももに両手をかけて、
上半身を反らせながらピストンします。

2016-06-15_028_R

※こうすると、ペニスの角度がさらに
上を向くので、Gスポットに
より強い刺激を与えられます。

ポイント
この方法のポイントは、
通常の正常位よりも上側を刺激できることです。

ペニスを前後方向に送り込むだけでなく、
膣の上側の壁を押し上げるつもりで、
亀頭でGスポットを押し上げてみてください。

この方法で快感をしっかり与れば、
密着感が多少減ったとしても、
トータルの満足感は上がるかもしれません。

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。