Close

膣に指を2本挿入する場合は、指マンの仕方を変えた方がいい

今日は、指を2本入れて、膣口に負担をかけずに、“指先だけを動かす愛撫”、を紹介します。

なぜ、この方法を紹介するのかというと、人によっては、2本指の挿入に負担を感じる場合があるからです。(※もちろん、女性によります)ですから、今回は膣口への負担の少なく快感の大きな2本指愛撫を紹介します。

こういったひと手間を加えることで女性は安心感を感じ、セックスへ集中しやすくなります。

手順

ステップ1.たっぷり濡らした2本指を手の平を上向きにして膣口に近づけます。

ステップ2.指を2本、膣に挿入したら、中でしばらく動きを止めて、膣内に馴染ませてください。

ステップ3.2本の指の腹を交互に膣壁にぶつけるように、ゆっくり動かしながら当てます。

2本の指で膣内を愛撫するには、この動きだけでOKです。
指先だけを動かすので、膣口に負担がかかりません。

また、このとき2本の指の腹は、Gスポットの両側辺りを刺激します。
1本の指の場合、ピンポイントにGスポットを攻める事になります。
ですが2本の指を使うと、Gスポットの広い範囲に刺激を与えることができます。

女性にとっても、2本の指ならではのGスポットの快感を味わうことができます。

男性は、普段の指マンでは、膣口への負担を意識することがあまりないと思いますので、指入れ愛撫の際には、膣口への負担も気にしてみてはいかがでしょうか?

女性が感じる痛みや不安を減らすことによって、安心感によるセックスへの集中や、感度アップに繋がりますので、ぜひ意識してみてください。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。