Close

膣の入り口周辺にはペニスの記憶装置が付いている、、、!?

あなたは、膣口の愛撫をしたことはありますか?

わりとすぐにペニスを挿入していませんか?

膣の入り口は、女性器の中でもクリトリスに次ぐ性感帯ともいわれています。
(乳首は女性器ではないので除外します。また、Gスポットが性感帯となるには、ある程度の期間が必要ですのでこれも除外します)

ここを挿入前に愛撫しておくと、筋肉がほぐれて血流が促されるので、「感度が上がりやすくなる」といわれています。
そうすると、挿入してからイクまでの時間が短くなり、イキやすくなる可能性があるのです。

愛撫の時は、膣口周辺を大きく2つのエリアに分けて考えるのがコツです。
なぜかというと、それぞれに合った愛撫方法があるからです。

愛撫の違いをお話する前に、その2つのエリアと、仕組みの違いを解説します。

まず1つめの場所は、膣口です。

膣口は、ペニスの入り口のため、ペニスのピストン運動を快感として受け取る機能があります。
摩擦の愛撫に快感を感じ取るマイスナー小体という感覚受容体のことです。

膣口を指などで攻める時は、

・指で膣口を広げるように回しながらほぐす。

・指で前後にピストン運動のように動かして擦る

などの愛撫が最適です。

えっ、「いつもやってます」って? まあ、そうですよね。失礼しました。

もう1つは膣の入り口から指の第一関節くらいまで入った膣内の手前部分のエリアです。

ここには、押すような刺激に反応するメルケル触盤というものが分布しています。
また、物体の材質や形を感じ取るセンサーの機能もあるそうです。

つまり、ペニスの

・気持ちよかったサイズ
・ジャストフィットするサイズ
・大きすぎて危険なサイズ

など、相手のペニスの情報をここで記憶するようにできているそうです。
なんか怖いですね。別に悪いことをしてるわけじゃないんですが、、、

ですから、この部分を攻める時は、

・膣内に指の腹を「押し付けて離す」


そんな動きを繰り返しながら、何周か回ってみるのが最適な愛撫です。

挿入前に膣口周辺をほぐしておけば、女性はイキやすくなるかもしれません。

今日のお話をまとめておきます。

膣口周辺は、2つのエリアに分けることができます。
それぞれ、機能に合わせて次のような最適な愛撫方法があります。

・膣口は、広げる、擦る、などしてほぐすことで血流を促す
・膣の入り口から指の第一関節くらいまで入った膣の内部全体は、押しながら血流を促す

この2つの愛撫を併用して、膣口周辺の血流を促して感度を上げてください。
そうすれば、いつもより早くイカせられるかもしれませんので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

黒田如水
2018年9月5日 22:41

私早漏で悩んでいますが、今度、本日の膣口マッサージをしてみます。

返信
匿名
2018年9月11日 22:41

参考になりました。今度意識してやってみます。KK

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。