Close

膣を愛撫するうえで大切なこと

ペニスを挿入する時に、いきなり奥まで入れるのはよくありません。

いったん挿入したら、激しく動かすのではなく、動きを止めてみることをオススメします。
そうすると、膣内の粘膜とペニスが“馴染む”ので、女性の感度が高まりやすくなります。

そして、指を挿入する時にも同じことが言えます。つまり、

指を入れた後も、いきなり激しく動かすのはよくありません。

いったん動きを止めて、指と膣内の粘膜を馴染ませることが重要です。
こちらもそうすることで、女性の身体が感じやすくなるようにセットされていくからです。

今日は、そんな指入れのコツを紹介します。
指入れは普段、誰でもやっていることですが、今回は少しずつ馴染ませるようにして入れていくやり方を紹介します。

まず、膣口の縁を指で万遍なく濡らします。

指マンテクニックの手順

ステップ1.右手の人差し指に唾液をたっぷりと絡めます。

唾液があまり出ない場合は、ローションを使っても構いません。

ステップ2.膣口の入り口に1.5㎝ほど指を入れ、向かって左側の縁にあてて止めておきます。

この時、浅めに指を入れます。入り口部分は膣括約筋が輪のように取り囲んでいますが、その向かって左側の部分になります。

ステップ3.指の腹をあてたまま、クルクルと半円状に指を回します。

膣の穴をほじるような動きです。指の腹で膣口の片側を擦って刺激を与えます。

ステップ4.向かって右側の膣口を刺激する時は、手の平を右側に返して同じように行います。

膣口の左側の縁を10回やったら右側の縁も10回、というように、どちらも同じ数だけ刺激を与えましょう。

ステップ5.今度は、第1関節まで指を入れて、同じようにほじります。

さっきよりも少し深めに指が入ります。こちらも左右を交互にほじりながら膣内の状態を馴染ませていきます。

途中、膣口の右側を擦るのがやりにくい場合は、左手の人差し指に唾液をたっぷり付けてから行っても構いません。

少しずつ指を馴染ませながら入れていけば、最終的に奥深くまで指を挿入することができます。

膣を愛撫する時は、

ペニスや指を馴染ませることが大切です。

いきなりではなく、いったん動きを止めながら少しずつ馴染ませていくことを心掛けましょう。

そうすることで女性の身体が感じやすくなるようにセットされていくようになります。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。