Close

膣口だけに刺激を与える小刻みピストン

膣の入り口部分…つまり『膣口』は、快感を感じ取る神経が張り巡らされていてて快感を感じやすいです。感覚的には女性器周辺ではクリトリスに次いで感じるそうですから。相当気持ちいいということが想像できます。

つまり「膣口が強い性感帯である」ということです。

ということで今日は、ペニスを使って膣口を愛撫するお話をさせていただきます。
シンプルながら、男性が考えていた攻め方とはちょっと違う内容ですから、知っておいて損はないと思います。

例えば、ペニスでピストンする時は、奥まで挿入した方が女性が満足すると思いますよね。
ですが、「膣は入り口の方が感じる」というのであれば、「入り口を攻めた方がいい」ということになります。

つまり、「男性はペニスを深く挿入するのではなく、浅く挿入した方がいい」ということになります。

ということで、、、

ペニスを浅く挿入して膣口を感じさせるためのコツを紹介します。

ただ浅く挿入するだけでなく、手も使います。

ステップ1.女性に仰向けに寝てもらい、両脚を開いてもらいます。

あらかじめペニスは唾液などでよく濡らしておいてください。

ステップ2.まず、両手の親指で小陰唇を広げておきます。

膣口の真横に指を置くのがコツです。
ということは、思ったよりも小陰唇の下側に指を当てることになります。

ステップ3.男性は身体を起こした体勢でペニスの亀頭部分だけを挿入します。

この時も両手の指は小陰唇を押さえたままにしておいてください。

ステップ4.亀頭のカリを引っ掛ける要領でペニスを浅くピストンしてください。

カリを引っ掛けるのはペニスを引くタイミングの時です。

ステップ5.最初はゆっくり目のペースから始めて、徐々にペースを早めてみましょう。
指マンの時に擦るくらいのイメージでもいいかもしれません。

このように両手で小陰唇を広げたまま亀頭部分だけを挿入する場合は

男性が身体を起こした体勢の方がやりやすくなります。
女性との密着感は減りますが、逆に膣口部分だけ接触してることで、『その部分に集中する』という効果があります。

浅いピストンをするときは、カリを引っかけるようにすることが重要なテクニックです。
押すピストンよりも、引く時の方に意識を集中するようにしてください。

小陰唇を押さえる手は片手でもできます。
その時は、空いた方の手で、太ももをタッチしたりしましょう。
乳首に手が届くようであれば乳首を攻めるのもいいと思います。

この『膣口だけを刺激するピストン』は男女ともに楽しめるプレイです。

男性の両手で小陰唇を押さえながら膣口を露わにして『膣口だけを攻める』というプレイは、、、

・女性に羞恥心をもたらし、膣口の快感に集中させられる
・男性は膣口に抜き差しする様子で視覚的にも興奮できる
という効果があります。

これで女性がイクということはあまりないと思いますが、セックス経験豊富な女性はこの快感でイクことができるコツを知ってるかもしれません。

この浅いピストンは、あくまでもセックスを盛り上げるプレイです。

快感だけを追求したプレイです。

ペニスを深く挿入することは、『膣内が感じる・感じない』ということを問題にしていません。
精神的な充実感などいろいろな要素が総合的に結集されて満足のいくセックスになるからです。

この浅いピストンで膣口を刺激して盛り上げ、深いピストンで最終的にオーガズムに導く…
そのためのプレイとして、浅いピストンを利用してみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
岡本 一
2019年10月11日 14:56

鬼頭だけ入れる両手を小陰唇においたり、他の部位において引くときかりがこするように
してみます。又楽しみが増えた。(*^-^*)ありがとう(*^-^*)

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。