Close

入口周辺が凄い!

『膣口』と呼ばれる膣の入り口部分は、“神経が密集してる”といわれていて、ペニスの挿入時に女性が感じやすい場所となっています。

膣口は、指で刺激を与えるのも有効なんですが、入口から少し中に入ったところの、左右の膣壁の部分。少し固くなってる部分があるんですが、ここも感じやすい場所となっています。

この左右の膣壁の部分には『膣括約筋』というV字型の筋肉が張り巡らされていて、実は、この辺りを小刻みに擦ることでも女性を感じさせることができます。

女性によって感じ方に差がありますが、具体的なポイントを解説します。

手順

ステップ1. 指を横にして第1関節まで浅く挿入して、そこで止めます。

ステップ2. その位置で、第1関節に括約筋を引っかけるようなイメージで、前後に1㎝くらい小刻みに揺らすように愛撫します。

ステップ3. 反応を見て次は、指を第2関節まで挿入して同じように膣の側面。括約筋を中心に揺らすような刺激を与えて反応を見ます。

最初は指の第1関節まで…そしてその次に第2関節まで入れていきます。

指の第2関節は、第1関節に比べて太くなっていますので、膣口全体を圧迫し、刺激も強くなります。

最初にもお話ししましたが、膣括約筋は、女性のタイプによって快感の感じ方に差があります。

感じる女性の場合には、括約筋でオーガズムに達しますが、括約筋で感じにくい女性の場合には全く快感を感じないので、この場所の愛撫自体を嫌がるケースもあります。

ちなみに、その場合には開発するための愛撫を行うだけでも、括約筋でイケるようになる女性が多いです。いくつかやり方があるので、今後のメールで、タイミングを見て開発方法とかも解説できればと思います。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
たかし
16:44

やってみます!

返信
アバター
究極のセックス
19:35

入口はいいですね。わかります

返信
アバター
匿名
8:38

ありがとうございました✨

返信
アバター
佐藤
12:48

ためになります、今度試します、ありがとうございます。

返信
アバター
ライト
23:46

タメになります。いつもありがとうございます。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。