Close

自然にゆっくりとしたピストンを楽しめる3つの体位

yukkuripisuton

あなたは、女性にペニスを挿入してからすぐに、、、、

汗だくになりながら、
全速力でピストンをしていませんか?

20代前半とかの若い男性ならともかく、
中年男性でこれをやってしまうと、かなり格好悪いです^^

断言します。

女性が満足するセックスをするコツは、
できるだけゆっくりとピストン運動をすることです。

もちろん、
時には激しい場面があったりしてメリハリをつけてもOKです。

ただ、ゆっくりとしたピストン運動をメインにしましょう。

実際、女性の膣内の性感が高まるのには時間がかかります。
どんなにたっぷりと前戯をしても、

挿入してからのピストンが短いと女性は満足できません。

「sabra」という雑誌が
日本人女性1,000人におこなったアンケートによると、、、、

女性が希望する挿入時間の平均は15.7分だそうです。

この約16分という時間を目安に、
ゆっくりとピストンを楽しんでみてください。

今回は、ゆっくりとしたピストンを楽しむためのコツを

体位ごとに解説していきます。

密着正常位でゆっくりピストン

普通の正常位は突きやすく、男性もイキやすい体位です。

ですので、つい激しく突いてしまいがちですね。

ならば、密着してみてはどうでしよう?

正常位の体勢から、彼女にかぶさるように体を前に倒します。

もちろん、体重はかけすぎないように
肘で重さを調節してください。

体を倒して腰を曲げることで、ピストンの範囲が狭まります。

そうすることで、自然とゆっくりしたピストンになるはずです。

対面座位ゆっくりピストン

座位は女性が自由に腰を動かせられる体位です。

そのため、膣イキをしやすい体位なのですが、、、

今回は彼女の体を引き寄せて、
腰を密着させます。

そして、女性器に腰を擦りつけるように動かすと、
クリトリスも刺激を与えることができます。

もともと激しいピストンができる体位ではありませんが、
抱き着くことによって、さらにゆっくりとしたピストン運動ができます。

うつぶせ寝バックでゆっくりピストン

最後に紹介するのは寝バックです。

普通にバックをやると、
つい激しいピストンをしてしまいがちなので、、、、

彼女にうつ伏せの状態で足を伸ばしてもらって、
寝バックの体位に移行してしまいましょう。

それだけで、普通のバックよりも、
ゆっくりとした動きを楽しめると思います。

 

繰り返しになりますが、
ピストン時間の目安は約16分です。

最初から、全速力でピストン運動を続けると、
よほど体力のある人じゃないと保たないと思います。
(バテるより先に、射精してしまうという方も多いかも!?)

セックスで女性の満足度を高めるには、
「ゆっくりとしたピストン運動が大事」
と覚えておいてください。

それでは!

 

ー長寺忠浩

執筆者: 刺激LIFE チーム



▼長寺 忠浩
刺激LIFEの管理人。もともとセックスに自信がなかったが、ある先生に出会い、セックステクニックが「科学」と同じだと知る。正しい方法と知識があれば女性の反応がガラリと変わることに衝撃を受け、その体験からセックスの正しい知識を広める目的で刺激LIFEの運営を行っている。

▼北条麻妃(ほうじょうまき)
2006年にAVデビュー。それ以来、トップ街道をひた走る実力派女優。男性のセックステクニックに関しても熟達し、「演技の要らない本物のセックステクニック」として業界も注目。2012年2月にはスカパー!アダルト放送大賞2012「熟女女優賞」を受賞。

▼ゆりな先生
セックステクニックの専門家、インフルエンサーとしても活躍!YouTubeのチャンネル登録者数10万人以上の大人気インフルエンサー。

▼上野蓮司(うえのれんじ)
元有名雑誌の編集長。セックスコンサルタントしても活躍。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。