Close

豪快に音をたてるピストンは正しいのか、、、?

「パンッ、パンッ、パンッ!」

何の音だと思いますか?

「ピストンの音以外、何があるっていうんですか? 長寺さん」

その通りです、簡単すぎましたね。すみませんでした、、、

・激しく豪快に音をたてるのは、男らしさや、興奮して勢いづいていることを表現するには効果的です。
・ですが、ペニスの挿入角度を変えながら膣に快感を与えるようなピストンをした方が効果的だ、とする説があります。

なんとなく、“激しく豪快なセックスの方が良くない”みたいな方向に偏りがちですが、どちらが悪いというわけではありません。

あなたは、セックスの時、「豪快に音をたてる派ですか?」 それとも「膣内をペニスで正確に狙う派ですか?」

実は、どちらのピストンも間違いではありません

「豪快に音をたてるピストン」のセックスでは、女性は“ガンガン攻められている”という「イメージ」に興奮します。

この時のピストン運動は、まっすぐなインサートで、“高速の動き”になります。

攻められているという雰囲気は、女性にとっては案外悪くないようです。

豪快に音をたてるピストンは、、いわば「脳」で感じるセックスと言えます。もちろん、いつまでも腰を振り続けられるのは勘弁、ということみたいですが、、、

一方、「膣内をペニスで正確に狙うピストン」のセックスでは、女性は“物理的な気持ちよさ”の「快感」に興奮します。

この時のピストン運動は、挿入角度を変えるので、“ゆっくりと押し付けるような動き”や“ピンポイントな動き”になります。

こちらのピストンが推奨されるのは、女性の身体に優しいセックスだから、というのもあります。

そして、挿入角度を変えながらピストンするので、
・膣口
・Gスポット
・ポルチオ
を刺激できることも理由のようです。

他にも「奥Gスポット」や「裏Gスポット」、「Aスポット」や「Pスポット」など、膣内の様々な性感帯も刺激することができます。

ペニスで掻き回すような刺激は、男性のペニスにとっても気持ちいいので、お互いが気持ち良くなるといわれています。

このように、この2つのピストンのセックステクニックは、

どちらにも長所はあります。バランスが重要なのです。

ですから、どちらか一方が良いとか、悪いとか、決めつけなくてもいいと思います。それぞれのいいところ採り上げて、状況に合わせて併用するのが一番だと思います。

普段、「豪快に音をたてるピストン」をしているなら「膣内をペニスで正確に狙うピストン」を、逆の方も同じように、いつもと違ったピストンを試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。