Close

電マに負けない、手を使ったバイブ

「電マの方が、男性よりも女性をイカせる確率が高い」

あるアダルトショップの店長と話していた時に、彼から出た言葉です。
私はそれを聞いて、ちょっと悔しく感じました。

人間の手だって、うまく使えば、ちゃんと振動でイカせることができるのに、、、
それに、手でしか与えられないメリットだってあるのに、、、

例えば、、、
・状況に応じて力加減などが自由に対応できる点
・人間ならではの繊細な動きを操れる点
・電マにはない、人肌の温かみがある点
などなど、、、

よく、指でクリトリス愛撫する時に、

「振動の刺激を与えたいけど、イカせる自信がない、、、」
という声を聞きます。

・ピンポイントで当てる時、強く押しちゃいそう
・力加減がわからない

このような不安が頭をよぎって、攻め方が消極的になってしまうみたいですね。

そんな時、私はどうしてるかというと、
けっこうアバウトに見えるかもしれませんが、けっこう簡単な方法で振動を与えています。
それは、、、

クリトリスを、手の平全体で振動させることです。

手の平を、クリトリスを覆うように置いてバイブさせる、、、
それだけです。簡単じゃありませんか?

おそらく、先ほど例に出てきた「不安」の部分は、クリトリスの本体に直接刺激を与えることを前提にしているからだと思います。
この、手の平を置くやり方は、包皮の上に手を置き、包皮ごと揺らす方法をとります。
こうすることで、多少強めに揺らしても、包皮を通してクリトリスに伝わるので、女性はあまり不安感を感じないようです。

手の平バイブのメリットは、

・手の平全体を使うことで、クリトリス全体に均等に振動を伝えられる
・指先だけ振動させるような繊細な動作をしなくてもいい
・指先のような尖ったイメージのものより、手の平で覆っているので、女性に安心感を与える
・手の平を押し付けることで、体温が伝わり、女性器周辺が温まる

といったものがあります。
女性器周辺を温めることは、血流が促されて感度も上がりやすくなるので、しばらく動かさずに温まるのを待ってから実践するのもオススメです。

電マに匹敵する手バイブ・テクニック

やり方はとても簡単です。

ステップ1.クリトリス全体を覆うように、手の平をあてます。

この時、手はしばらく動かさず、女性器全体を温めます。

ステップ2.クリトリスを手の平の中心に当たるように配置したら左右に揺らします。

手の平の中心部分は、少し曲げると窪ませることができますので、この位置にクリトリスを持ってきます。

たったこれだけです。

手の平を小刻みに動かすことで振動が発生します。
コツは、手の平だけを動かすのではなく、肘に力を入れると、肘から上が固定されて、安定したバイブレーションを作ることができます。

また、手を左右に動かしていますが、クリトリスは上下の摩擦の方が感じやすいといわれています。

振動させる時に、摩擦の力も多少発生しますから、手の向きを横にして動かすと、縦方向に刺激を伝えることができます。
もちろん、最初の通り、左右に揺らすやり方でも十分です。

簡単な手バイブの方法でしたが、

いかがでしたか?
電マに負けたくない一心で、つい、対抗意識を燃やしちゃいましたが、、、
今回は、指先で振動を与えるのが不安な場合の、もっと簡単な方法を紹介しました。

けっこうアバウトに見えるかもしれませんが、コツとリズムさえつかめば、イカせることも不可能ではないと思います。ぜひお試しください。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。