Close

AV女優のオナニーからヒントを得た小陰唇愛撫

先日、撮影の合間にAV女優さんと喋ってる時に、いろいろ興味深いお話を聞かせてもらったので、ここでシェアさせていただきます。

エロトークがひとしきり続いた後、『オナニー』の話になりました。
彼女の場合、クリトリス単体ではなく、『女性器全体を触る』そうです。

個人的に、気になったのは『小陰唇』のことなのですが、、、
小陰唇は一般的に、クリトリスに比べると『反応の薄い場所』と言われています。

彼女にそのへんのことを聞いてみると、「小陰唇を触るとオナニーの気分が盛り上がる」とのことでした。

そのとき聞いた動きを、これから写真で再現したいと思います。

AV女優のオナニーを参考にした小陰唇の愛撫方法

ステップ1.まず、女性の右側に添い寝します。

男性は右手の人差し指と中指を唾液で濡らしておいてください。

ステップ2.小陰唇の左右の下側それぞれに、人差し指と中指を当ててください。

最初は軽く添える感じです。

ステップ3.指で押したまま、上にゆっくりと擦り上げ、これを繰り返してください。

小陰唇の中の血液を上に押し流す感じです。

ステップ4.今度は、女性器の粘膜部分と小陰唇の境目の下の方に指を添えてください。

膣口より少し上の両側のあたりです。
指はもう一度唾液でたっぷりと濡らしましょう。

ステップ5.この境目の部分を、同じように下から上に擦り上げてください。

ゆっくりとしたスピードで、今度は軽く触れる感じでOKです。

指で小陰唇を上に擦り上げると、血液が小陰唇の上の方に送られます。

イメージ的には揉みほぐす感じになります。
女性器の粘膜部分は、『膣前庭』と呼ばれている部分です。

ここでは、膣前庭と小陰唇の境目のところを下から上に沿って指を這わせています。

膣前庭はデリケートな場所なので、清潔な指で触れるようにしましょう。
また、爪などで傷つけないようにしましょう。

彼女は、小陰唇を下から上に向かって擦るオナニーをしているそうです。

ですが、あくまでもオナニーのメインはクリトリスです。
小陰唇をいじるのは、あくまでも気分を盛り上げるためのものだそうです。

つまり、クリトリスというメインディッシュの前の前菜みたいなものですね。

じつは彼女がやっていたこの『下から上に擦る動き』は、他の性感帯でも同じように反応する傾向があります。

腕や脚、身体全身から髪の毛に至るまで、どこも下から上に擦り上げる動きは、女性がゾクゾク反応しやすい刺激のようです。

小陰唇はあまり感じる機能はないと思っていましたが、こうやって下から上に擦り上げることで感じるんですね。

そして、、、

膣前庭と小陰唇の境目部分も、粘膜になっていて敏感な場所です。

ただし、濡れた指や舌じゃないと皮膚を引っ張って痛みを与えてしまいますので気をつけましょう。
必ず唾液や愛液などで十分に指を湿らせてから愛撫するようにしてください。

ここも例外なく、『下から上』の刺激が効果的なようです。
小陰唇と違って、粘膜でできていますから、指で擦る時は、最初は軽く触れるようにしましょう。

唾液や愛液が十分に行き渡ったら、少し圧力を加えて擦ると感度は増していくでしょう。

今回はAV女優のオナニーを参考にしたお話でした。

私も小陰唇は、あまり時間をかけて攻めることはないんですが、この話を聞いてもう少し攻めてみたくなりました。

あなたもご興味があれば、このような方法で小陰唇を攻めてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。