Close

Gスポットから奥Gスポットを狙える体勢

今回は、Gスポットのピストン・テクニックについてお話しします。
ペニスでGスポットにピストンするには、ペニスの角度を極端に上向きにすることでGスポットが突きやすくなります。

ただ、腰や身体にも負担がかかりますよね?

そこで、ペニスで“突く”のではなく、ペニスを滑らせるようにピストンすることで、『奥Gスポット』という性感帯を愛撫できるようになります。

手順

ステップ1.まず、男性が身体を起こした正常位で合体します。

男性は身体を起こした状態です。

ステップ2.そのまま女性の腰を持って女性を持ち上げて下さい。
この時、男性の太ももを女性の腰の下に入れるような感じを意識してください。
また、ペニスが抜けないようにしましょう。

ステップ3.女性の両脚をゆっくり開き、男性は少し浅めにペニスを挿入します。

ステップ4.ペニスを膣内の上部に滑らせるようにしてGスポットの奥まで挿入してみましょう。

奥Gスポットは、Gスポットよりもさらに膣の奥の、上側にあります。
奥GスポットはGスポットからつながっていて性感帯として反応する場所です。

Gスポットはペニスで“突く”ようにすることで愛撫することができます。
ですが、“滑らせる”ようにすると『奥Gスポット』を愛撫することができます。

Gスポットピストンの時に試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。