Close

意外とイカせやすい体位があります

それが寝バックです。

寝バックはGスポットを中心に、女性のお腹側の性感帯をまんべんなく刺激することができますし、女性は全身を体で覆われるような密着感を感じます。

それと、女性の膣内の圧迫感が増えるのと、足をピンと伸ばして力みやすい体勢になるので普段よりもイキやすくなる女性も結構います。

メリットが多い体位ですが、試したことが無い方も多いみたいなので、コツを解説します。

手順

ステップ1.女性を四つん這いにしてペニスを挿入します。

ステップ2.女性に上半身を伏せてもらい、その後に、ゆっくりと脚を伸ばしてもらいましょう。※上半身から伏せてもらうことで、ペニスが抜けにくくなります。

ステップ3.そして男性は、ペニスを真下(Gスポットあたり)を狙い、膣を押し擦るようにしてピストンします。

※↑の写真では男性の足を、女性の足の内側に入れる体勢で紹介しています。

体勢は2パターンあって、男性の足を女性の足の外側に出す方法と、内側に入れる方法があります。

ちなみに、男性の足を、女性の足の外側に出した場合には、女性が足を閉じる体勢となりますので膣口の周辺の感度が高くなりますが、人によってはペニスが抜けやすくなります。

寝バックの体勢から挿入しようとしてもペニスが入れづらいので、女性が四つん這いの状態でペニスを挿入してから体勢を変えるようにします。

ちなみに、寝バックは、膣口がお尻側に寄っている下付きの女性の場合、挿入しやすく、女性も快感を感じやすい傾向があります。
一方で、膣口がお腹側に寄っている上付きの女性の場合には膣口への負担が増えたり、ペニスが抜けやすくなることもあります。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年以上も前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

匿名
6:21

とても良いことを知れました。ありがとうございます。
後は竿の長さを考慮なんですね。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。