Close

Gスポットにまつわるいろいろな話

「Gスポットなんてものは存在しない」と、唱える学者がいます。

また、「Gスポットは存在する」と、唱える学者もいます。
現代医学の世界では「Gスポットは存在するか、しないか?」の議論が続いている状態です。

ですが、「約1000年前に、すでにGスポットの存在が知られていた可能性がある」と言ったら、あなたは信じますか?

なんと、はるか遡ること約1000年前、中国のセックステクニックの文献に、Gスポットらしきものが記述されていたようなのです。

それは、「黄帝内経・素問」と呼ばれる中国最古の医学書です。「九浅一深法」のピストン運動のことが紹介されたその部分には、、、
「9回浅く、琴弦と麦歯の間に挿入せよ」
と書かれています。

「琴弦」、「麦歯」と、聞きなれない単語が出てきましたが、膣内に存在する「ツボ」のようなポイントのことを差しているようです。

詳しい場所はよく分かりませんが、その位置は、
「琴弦が膣の入り口から3cm、麦歯が膣の入り口から6cm」
となっています。

“琴弦と麦歯の間に挿入せよ”ということですから、
「膣口からおよそ4.5cmのあたりにピストンせよ」
ということになります。

そしてこの場所は、ちょうどGスポットの辺りになります。
もしGスポットだとして、「ここを狙って9回打て」というセックステクニックが、既に1000年前から存在していたと思うとすごいと思いませんか? さすが中国です。

 

Gスポットが気持ちいいと感じるのは、今も昔も同じようです。

「1000年前の人」と「あなた」が、
・「同じ場所」
・「同じテクニック」
でGスポットを攻めていたと思うと、ロマンを感じませんか?

今回のGスポットのような記述以外にも、面白いセックステクニックが世界中の文献に残っているかもしれません。私も、江戸の性の指南書や、中国の房中術、インドのカーマ・スートラなど、チェックしていますので、何か見つけたら、ここでまたお話しさせていただきます。

もしかしたら、どこかの文献に、「Gスポットは“開発”することで、オーガズムを迎えられる」なんていう記述が残っているかもしれませんね。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

Macky
2018年2月22日 20:01

いにしえの、中々良いお話を聞かせて頂き、有難うございます。

返信
長寺 忠浩
2018年7月30日 16:22

Mackyさん、ありがとうございます。楽しんでいただければ幸いです。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。