Close

ペニスを引く時の肝

今回は、正常位の時のピストンのコツについてお話しします。

基本的にピストンでは、膣の上側、お腹側を攻めることを意識するだけで、女性の反応が格段に良くなります。

女性の膣の上壁側には、Gスポットや奥Gスポットなど、いくつかも性感帯があるので、膣の上側を攻めることを意識するだけで、複数の性感帯が刺激されるからです。

で、ここでポイントがあります。

それは、『ペニスを引くときこそ、膣の上壁側』を意識することです。

ピストンでは、押すときよりも引く時の方が重要なことが多いです。

それでは具体的な手順をお伝えします。

手順

ステップ1.女性に仰向けに寝てもらい、お尻の下にクッションを敷きます。

こうすると膣の角度が上向きになり、ペニスを挿入した時、Gスポットに当たりやすくなるります。(固めのビーズクッションだと高さが調整いしやすいので便利です)

ステップ2.ペニスをゆっくり挿入します。

男性は身体を沈めて、少し後ろ向きに身体を逸らしながらペニスを上向きにして挿入します。
ペニスがGスポットに当たるようになります。

ステップ3.ペニスをグッと押し、そのまま膣の上側を擦り、奥まで挿入します。

ステップ4.そしてゆっくり引き戻す時に、上側の膣を擦るように引きます。(ペニスの固さや反りによってはやりにくいかもしれませんが、クッションの高さを利用することで、比較的上側を擦りやすくなります)

ピストンでは、押すときよりも、引く時の方が感じるという女性が意外と多いんです。もしかしたらペニスのカリ首の当たり方とかも関係しているのかもしれません。

ペニスのサイズ・固さ・方向など、人それぞれに違うので、ちょっとしたコツやアレンジが必要な場合もあるかもしれませんが、コツを掴むとやり方が分かってくると思います。

それと、補足ですが、ディルドやバイブでも引く時を意識するのは効果的です。興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

アバター
佐藤
17:52

毎回ためになります。
最近実行出来無いのが残念ですが?

返信
アバター
ひら
23:03

いつも勉強になります。引くピストンの効果はたしかなので、ためすのが楽しみにおもいます。

返信
アバター
おっさん
19:53

私も他の方と一緒で勉強になります。ここまで、詳細に私道していただき
感謝しかありません。毎回、メールが届くたびにわくわくしながら拝見して
います。ありがとうございます。

返信
アバター
しん
21:18

やはりクッションを使うというのは、効果大なんですね!ありがとうございます。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。