Close

Gスポットの開発を少し早める方法

「Gスポットでイカせるのは、男女とも、ある程度の知識がないと難しい」といわれています。

そのためには、
・男性はGスポットのメカニズムを知ること
・女性はGスポットの感覚に慣れるためのトレーニングをすること
が必要で、それによってGスポットは快感を感じることができる性感帯に開発されていくようになります。

Gスポット開発は、なるべく同じパートナー同士で時間をかけて行うことがオススメです。
セックスにおけるお互いの“クセ”などがわかっているため、開発が進みやすくなるからです。

この時、ちょっとしたやり方で、開発までの時間を少し早めることができます。

それは、、、、

Gスポットを指で擦りながら、もう片方の手でお腹の上からもGスポットを刺激する方法です。

つまり、女性の身体の内部と外部の両方から、Gスポットを刺激するわけです。

この方法は、『ポルチオ開発』の時にも使う方法ですが、Gスポットにも有効です。
しかも、ポルチオの時と比べて、男性にとってはその様子が、もう少しリアルに実感できると思います。

というのは、指でGスポットを擦る感触が、お腹を押しているもう片方の手の平に伝わってくるからです。お腹の皮膚を挟んでGスポットを両側から刺激するため、その感触が皮膚越しに伝わってくるのです。

ポルチオを押している時は、Gスポットよりも身体の中の深い部分を攻めています。
ですから、お腹を押しても、手の平にはその感触が伝わりにくいのです。

Gスポットを刺激してる様子は男性に伝わりやすくなるわけですが、それは、女性にも伝わりやすくなります。

そうすると、、、

女性もGスポットへの刺激を認識しやすくなるため、開発も進みやすくなるというわけです。

まずはGスポットを刺激することからスタートします。

Gスポット愛撫のやり方は、すでにご存知だと思いますが、予習のつもりで聞いていただければと思います。

ステップ1.仰向けに寝た女性に対して、よく濡らした右手の人差し指か中指の腹を上に向けて、第2関節あたりまで挿入します。

指先は、唾液や愛液やローションでよく濡らしておいてください。

ステップ2.指を上に曲げ、恥骨の裏側に沿って突き当りまで進みます。そのあたりがGスポットです。

Gスポットは、“点”ではなく“面”のエリアです。突き当りの部分は溝のようになっていますので、そこを中心に刺激を与えていきます。

ステップ3.Gスポットへの愛撫方法は、“押す”か、“押しながら擦る”というのが基本です。

ピンポイントで押したり、左右に動かしたり、縦方向に動かしたりした時に、女性が違和感を感じたら、そこがGスポットである可能性は高いです。
女性がおしっこをしたい感覚を感じたら、さらにその可能性は高いと思ってください。

ステップ4.一旦Gスポットへの愛撫を止めて、左手の手の平の付け根の固い部分を女性のお腹の上に置いて、少し押し付けます。

お腹に当てる手の位置は、恥骨とお腹の境目の部分です。
押し付ける強さは、少し強めがいいですが、ストレスを感じさせないくらいにしてください。
場所と力加減が決まったら、しばらく押したまま止めておきます。

ステップ5.お腹を押したまま、膣内でGスポットを再び刺激します。

お腹を押さえている手の平にGスポットを刺激してる指の感触が伝わればOKです。

お腹を押す時の力加減には、十分注意してください。

お腹を押したまま行う方法ですので、長時間やる必要はありません。
短い時間で何度か繰り返した方が、女性もその違いがわかりやすくていいと思います。

また、女性が感じてくるとポルチオが下に降りてきます。

ポルチオがGスポットに近づいてくるので、場合によってはこの“身体の内外からサンドする刺激”が与えにくくなる場合があります。その場合は中止しましょう。ですが、ポルチオが降りてくるのは、女性が感じている証拠です。

なぜお腹を押すと、Gスポットが感じるのか…?

実は、Gスポットが感じる仕組みはよくわかっていません。
ですが、そのメカニズムは、ペニスと比べるとわかりやすいです。

ペニスの亀頭部分は、『陰核海綿体』と呼ばれていて、女性のクリトリスと同じ仲間です。

そして、ペニスのサオの部分は、『尿道海綿体』と呼ばれていて、女性の尿道の周りに取り巻いています。
クリトリスは、女性の体内にも深く続いていて、Gスポットの近くを通っているといわれています。

膣内からGスポットを押すことで、この尿道海綿体と、“体内に続いているクリトリス”である陰核海綿体を刺激することになります。この2つの海綿体に“刺激”が複合的に作用する時、「Gスポットが気持ちいい」と感じるのかもしれません。

そして、、、

身体の内外から、尿道海綿体と陰核海綿体をサンドすることで、より強い刺激を認識させられる

…というのが今回の手法の仕組みです。

お腹を押してGスポットを刺激する方法はペニスの挿入中でも可能です。

指の挿入中でも、ペニスの挿入中でも、お腹を押した時に、女性の反応が変わることがあります。
手でお腹を押すときの力加減に注意しながら、その違いを比べてみてはいかがでしょうか。

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。