Close

Gスポットをペニスで突くのに、楽で相性のいい体位

Gスポットを、手で刺激することはありますよね?
でも、ペニスでGスポットを正確に突いた実感ってありますか?

亀頭は指先のように細くないので、イマイチどこに当たってるかわかりにくいですよね。

正常位の時は、女性の腰の下にクッションを敷いて、浅く挿入して斜め上を突くのがセオリーです。
でも、本当にGスポットに当たってるかどうかは疑問じゃありませんか?

これは、空中に向かってピストンしてる感じだからじゃないでしょうか。
せめて自分の恥骨が女性にパンパンと当たるのであれば、Gスポットにヒットしてるような気分になれるのかもしれません。

ということで、今日は、もう少し腰を据えてGスポットを突ける体位についてお話しします。

それは、「うつ伏せバック」です。

そもそも、斜め上にペニスを突き上げるのは疲れます。

うつ伏せの体勢なら、ペニスが下に向かっていきますので、自然とGスポットに当たりやすくなります。
まずは、うつ伏せバックの手順から解説していきましょう。

うつ伏せバックの手順

ステップ1.女性をうつ伏せにさせ、少し脚を開かせます。

脚を閉じた状態でもできないことはありませんが、慣れてない場合は、少し開かせましょう。

ステップ2.男性が覆いかぶさるようにして、浅めにペニスを挿入します。

女性の両脚の間に入るとやりやすくなります。
両脚を閉じさせて男性の両脚を外側に出す体勢だと、締まりがきつくなり、オススメです。

ステップ3.男性は上体を起こして、下向きにペニスを押し付けるように動かしてください。

Gスポットに向かって小刻みなピストンでペニスを押し付けます。

うつ伏せの体勢は、

女性のお腹が地面に接していて固定されます。
ある意味、Gスポットも固定されますので、Gスポットを狙いやすくなります。
女性の反応を伺いながら探してみてください。

Gスポットと思われるところを見つけたら、激しいピストンは必要ありません。
ゆっくりと押し付けるようなピストンにしてください。

うつ伏せバックは、男性の動きも制限される体位です。

ペニスを深く挿入しようとしても、女性のお尻の肉で邪魔されてあまり深く侵入できません。
また、同じ理由から、実は激しいピストンもできません。

だからうつ伏せバックは、早漏防止にもなります。

挿入が浅く、激しくピストンできない、、、
実は、この条件こそがGスポットに当てるのにちょうどいいのです。

ペニスをGスポットに当てるには、うつ伏せバックはかなり有効な体位なのです。

ペニスを空中に向けるより、下に向けた方がGスポットを狙いやすくなります。

これは、指で探す時も一緒です。
もしGスポットの場所がわからない場合は、女性をうつ伏せにしてみてください。
お腹がベッドに固定されるので見つかる可能性が上がると思います。

このようにGスポットと相性のいいうつ伏せバック。なかなか侮れない体位だと思いませんか?

執筆者: 長寺 忠浩

今から10年前のことですが、私は、セックステクニックに自信がなく、「イカせ方がわからない」「一生懸命愛撫しても女性がオーガズムに達しない」と、悩んでいました。 しかし、アダルト業界のある著名人との出会いが全てを変えてくれました。 セックステクニックが科学と同じだと知ったのです。衝撃でした。 「正しい方法」や「正しい知識」があれば、セックスが一気に上達していくことを体験したのです。(びっくりするぐらい変わります) もちろん。相手の女性によって個人差はありますが、「オーガズムのルール」や「快感の原則」は共通します。 ぜひ、あなたも、女性を本気で悶えさせるセックスを身に着けてください!きっと、刺激的で豊かな毎日がおくれます!!

この記事へのコメント

あきら?
2018年8月25日 22:23

いつも楽しく拝見しております。
早速いまから妻と試してみます!

返信
如水
2018年8月27日 6:46

早速、私も妻と試してみます
衰弱性早漏なので防止になるかしてみます。

返信
鷹の爪
2018年9月1日 15:17

遅漏改善の記事も書いて頂きたいです。

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントフォームにご入力された「名前」は、投稿後に他の方からも見える状態になります。本名ではなくニックネームなどをご使用ください。